HOME>お知らせ
お知らせ

朝日


3/31 06:00

3/31 06:00

今朝六時過ぎに撮りました
だいぶ夜明けも早くなってますね 三月は今日まで明日から四月ですね 今月は長かった 『明けない夜はない。。。』 『月が変われば、ツキも変わる』 早く穏やかな日日に 戻って欲しいですね

地震災害のお見舞い申し上げます


img11_1

この度の東日本大震災により 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
本震のあと、大津波が押し寄せ、福島原発で事故が発生し 東京では帰宅難民者の大混乱があり、ガソリンやトイレットペーパー等の 買い占めがあり、計画停電が行われたり・・・
今日で震災から11日経ちましたが、今現在でも新しい難題が発生し 多くの方々が最前線で頑張ってくれております
私自身どう書き示せばよいか迷い、更新が遅れました
この間に、電話で営業についてお問い合わせもいただき情報不足により御迷惑をおかけいたしたことお詫び申し上げます

弊社での地震の揺れは今までで体験したことのない大きさでしたが熱帯魚の水槽の水がこぼれただけでおかげさまで家屋、設備には損害はありませんでした
また今現在、計画停電の地域に含まれていませんので通常営業をしております
微力ではありますが停電の無い恩恵をいただいておりますので必要以外は減灯し、暖房は控えめに、手回しラジオを活用して省エネ営業に努めております

通常営業を心掛けておりますが宅急便等をご利用の場合平時に比べ、到着が遅くなったり集荷が早まったりしております
また、予定外の停電もあるかもしれませんですので納期が通常よりかかる場合があることを、御了承ください
直接の復興支援にはならないかもしれませんが私共に出来るのは『皮漉き』のみであります

今まで以上に頑張ってまいりますので倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
本来なら大ニュースだっだはずですが3月18日にスカイツリーが634mの最高高さに到達しました

そして、本日お披露目だった上野動物園のパンダは当面休園とのことで、早く安心して見学出来る日が来るのを望みます

img11_2

世界一


スカイツリーと富士おかめざくら

スカイツリーと富士おかめざくら

先日1日、建設中のスカイツリーが 高さ600mを超えて 自立式電波塔として 世界一の高さとなったそうです
昨年一月に引っ越した部屋からは 布団の中からでもスカイツリーを 見ることが出来ます 引越してからほぼ毎日 スカイツリーの成長を撮ってきました その成長もあと30m足らずで 終わってしまうと思うと 寂しいですね。。。 現在でも多くの観光客が 訪れてすごい騒ぎですが 完成したら どんなことになるのでしょうか!! これを機に、スカイツリーのお膝元である墨田区、台東区の 地場産業である 皮革袋物業界もスカイツリーのよう成長出来ればと思う今日この頃であります
続きにて、スカイツリーの成長をアップしております

日々のメンテナンス


ビヤ樽&ブランコ&簪

ビヤ樽&ブランコ&簪

以前より機械の扱い方について書いてみようと思っておりましたがもしかしたら、皆さんがしている事と違い混乱してしまうかもと思いなかなか書けませんでしたがあくまで、私が父から教わり、続けてきて私なりに改良してきたことですのでそのことを御了承いただきお読みいただきたいと思います
また、部品等の呼び方も工房等によって違うと思いますので『こんな呼び方ですよ』とか『こんなやり方しています』等とお教えいただければ私としても、勉強になりますのでぜひ、御協力ください

まずは日々のメンテナンスについて書かせていただきます

 

まず、本体左側面後方上部の取手付ネジを後方に倒して弛め、歯先に気をつけてブランコと簪を左手で掴み後方へずらすと、押さえピンが外れて本体よりブランコと簪を取り出します
マイナスドライバーでビヤ樽の芯ピンの押さえネジを弛め、ブランコよりビヤ樽&芯ピンを外します
外した部品の漉きカスや油汚れをウエスで綺麗に拭き取ります

img10_2

 

img10_3

ビア樽の芯穴もウエスを細く撚って通して綺麗にします
綺麗なビア樽に芯ピンを取り付ける際に芯ピンの油溜まりの溝があるところへマシンオイル♯120を挿します
再びビア樽とブランコを取り付けマイナスネジをしっかりと締めます
ブランコと本体を支える本体のピン(前後2か所)とブランコのピン穴(前後2ヶ所)も綺麗にしてピン穴に油を挿します

簪の前後にも油を挿します
左手でブランコとビア樽の挿した簪を持って本体に取り付けます
この際、本体側のピンと、ブランコ側のピン穴がガタつかないように何度か動かしてみます
ガタつきがないところで、取手付ネジを締めます
バネをブランコに取り付けて組み立ては終了です
最初にバネを外す事を書き忘れました(笑)
機械を始動して、異音や異常な振動がないか確認して本体上面左後方のオームギアボックスの蓋をあけて歯車に油が付いて回ってるか確認し、少なければ挿し足します
本体上面中央前方の心棒への油挿し穴にも油を挿します
以上が私が毎日始業時にするメンテナンスです
使用頻度によりますが毎日ではなくても、週一回位行えば機械も喜んで働いてくれるでしょう